更年期障害を吹き飛ばす|不安定な心に救いを

女医

女性の更年期を乗り切る

悩む婦人

様々な症状が起こります

更年期障害とは、閉経を迎える時期の前後の時期のことです。女性の更年期は40代半ばころのことです。その頃になると、月経異常や月経不順が出てきます。更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因で身体的な不調や精神的不穏が現れることで、うつの症状や自律神経失調症と同じような症状が出るものです。更年期障害の症状は、ホルモンバランスも乱れによるだけではなく、生活環境などでも現れることもよくあります。全身的な症状は、ほてり・のぼせ・多汗・動悸・めまい・しびれ・頭痛・圧迫感・冷えと体全体に異常が起きます。また精神面では、不安感・不眠・イライラ・うつの症状などが起こり、これらの状態は家族まで巻き込んで大変な思いをすることもよくあることなのです。

症状を軽くする方法

人によっては、なんとなくだるいとか軽く済んでしまう場合もあるのですが、寝込んでしまったり仕事ができなくなってしまったりすることもあります。そういう時は、婦人科での受診をお勧めします。血液検査で容易にわかりますので、結果が分かれば処方箋を飲んで、少しでも症状を和らげることが大切です。更年期障害の症状も長くて10年ほどですので、我慢しないで日々を快適に過ごすようにしたいものです。薬に頼るだけではなく、自ら呼吸法やストレッチをしたりマッサージに通ったり、自分の好きなスポーツや趣味を見つけて積極的に参加することも大事です。更年期障害とはだれでも通る道とおおらかに構えて、あまり深刻にならずに過ごすことが良いのです。

様々な症状に対応できる

病院

城東区の医療環境はこどもから高齢者までさまざまな方に対応できる体制となっています。ホームドクターに適した内科クリニックから専門的な治療を行う施設まであります。交通機関が整っており、夜間診療や在宅治療などライフスタイルに合わせた利用が可能です。

この記事を読む

注目の第四のがん治療

入院患者と男性

外的な力を借りるこれまでの三大がん治療と異なり、自分自身の内部にある免疫力を高める治療法として免疫療法が注目されています。即効性が無いというデメリットもありますが、効果が現れれば持続性があるというのが最大のメリットです。

この記事を読む

膠原病における薬物療法

診断

リウマチ治療では個々の症状に応じて適切な医薬品が選択され効果の高い薬物療法が行われています。また、リウマチの治療は長期的な薬物療法が基本とされ、世田谷のクリニックでも減薬等を視野に入れ計画性の高い治療が行われているのです。

この記事を読む