注目の第四のがん治療|更年期障害を吹き飛ばす|不安定な心に救いを

更年期障害を吹き飛ばす|不安定な心に救いを

男性医師

注目の第四のがん治療

入院患者と男性

身体の中からがんと闘う

手術による外科的治療、分子標的薬などを含む抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療を総称して「三大がん治療」といいます。近年、これらに加えて「第四のがん治療」として注目を集めているのが「免疫療法」です。この免疫療法を知る上でまず抑えておきたいのが、そもそも「免疫」とはなんなのかという点です。免疫とは、体内に侵入した異物を排除するために、誰もが生まれながらに備えている能力のことをいいます。免疫療法は、この能力を高めることでがん治療をしていきます。三大がん治療が外部からの力を必要とするのに対し、人間が本来持っている内部にある力を活かして治療していくというのが免疫療法の最大のポイントです。現在は免疫システムの研究は飛躍的な進歩を遂げており、新しいタイプの治療法が次々と発表されるなど、免疫療法はがん治療のホープとして期待されています。

注意点とメリット

免疫療法の注意点としては、まず他の治療法ほど即効性は無いということです。しかし、一度効果が現れれば、それが長時間持続するというのが、免疫療法最大のメリットです。また、自分自身の免疫力を使った治療法なので、がんの進行が進む前の早い段階で導入することで、より高い効果をあげるということも知られています。但し、その他の治療と同様に効果には個人差があるといのも事実です。しかし、三大がん治療と組み合わせて同時に行うことも出来るので、治療の幅がぐんと広がっています。更に、一部の免疫療法においては副作用の報告が少ないとの報告もあります。また免疫チェックポイント阻害剤を使用した免疫療法は、効いたら長く効くという点で画期的な薬です。これは薬でがんの完治及び克服出来る時代の到来といわれています。